クレジットカード決済の導入方法

レンタルWeb2bをご覧いただきありがとうございます。

レンタルWeb2bでは、支払い方法に銀行振込・代金引換・後払い・クレジットカード決済から選択することができます。

今回はクレジットカード決済の導入方法についてご説明させていただきます。

クレジットカード決済を導入するのは分からない・難しいと思っている方もいらっしゃると思います。

レンタルWeb2bで提供しているクレジットカード決済会社のPay.JPでは、個人または法人のどちらでもご利用可能です。

取り扱いカード会社は、「Visa」、「MasterCard」、「American Express」、「JCB」、「Discover」、「Diners」です。

Visa、MasterCardの2社とそれ以外では手数料が異なりますのでご注意ください。

クレジットカード決済導入までの流れ

  1. ご自分のECサイトに商品データやストア情報を設定
  2. Pay.JPにアカウント登録
  3. Pay.JPに本番申請
  4. 本番申請許可後、ご自分のECサイト上の管理画面から公開鍵秘密鍵を設定
  5. クレジットカード決済利用可能!

以上のようにたった4ステップで利用可能となります!

※審査にあたり、販売する商品やストア情報が正しくないと審査が出来ません。本番申請前にサイトの準備を行ってください。

以下に実際の画面に沿って詳しく説明していきます。

Pay.JPからアカウント登録を行ってください。

メールアドレスとパスワードを入力し、利用規約を確認してから、新規登録を行ってください。

アカウント登録が成功したら、こちらからログインを行ってください。

ログイン後、画面上部の「本番申請」をクリック。

本番申請画面では、サイトで扱う商材・価格・サイトの運営者情報(個人か法人を選択)を入力してください。

ここで入力し内容をもとに審査が行われるため、情報は正確に入力してください。

取扱商品に免許が必要な場合は、免許を添付する必要があります。

また、入力した内容で取扱可能となるカード会社は「Visa」、「MasterCard」のみとなります。

「American Express」、「JCB」、「Discover」、「Diners」をご利用になる方は、引き続き追加情報の入力が必要となります。

入力が完了したら保存し、Pay.JPからの審査結果をお待ちください。内容に不備・問題がある場合にも連絡が来ます。

審査結果の連絡がきて無事に審査がおりたら、設定画面のAPIキー情報を確認します。

テスト秘密鍵とテスト公開鍵は、クレジットカード決済する際にテストカード番号を利用してテストを行うことができます。実際に決済は行われません。

本番秘密鍵と本番公開鍵が、実際に決済が行われる情報になります。

情報を確認したら、ご自分のECサイトの管理画面から、拡張機能 > 支払い方法 > Pay.JPの編集を選択してください。

Pay.JPの管理画面のAPIキー情報の公開鍵と秘密鍵をテスト用と本番用をそれぞれ入力してください。

テストモードを利用する場合は、テストモードを「はい」にしてください。

決済時に即時に支払い確定をする場合は、支払いモードを「はい」にしてください。

決済時に与信枠の確保のみを行う場合は「いいえ」を設定し、その場合失効期間を設定してください。

失効期間とは確保した与信枠で支払い確定を行える期間です。失効期間を超えた支払いは確定ができなくなりますのでご注意ください。

審査が完了したカード種類を選択してください。審査が完了していないカード会社を選択した場合は決済できません。

以上で、クレジットカード決済の導入は完了です。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。